「うららの家」が竣工しました。

福井市木田1丁目に、グループホーム・地域介護交流センターである「うららの家」が竣工・開設されました。

お施主様は医療法人雄久会・奥村外科胃腸科医院様、設計・監理はシーラカンスK&H(株)・(株)木村建築事務所共同企業体様、そして施工を当社が担当いたしました。
この建物のコンセプトは、「次世代型の認知症対応の介護施設」です。

「今後要介護年齢に達する『団塊の世代』と呼ばれる人たちが、住みたいと願う介護施設とはどのようなものか?」を考えたひとつの「かたち」がここにあります。
明るく開放的で、家族の来館しやすい、地域に開かれた都市型の施設です。

特筆すべきは透過性の高い屋内階段スペース。

大きなトップライトがあり「光のシャワー室」と呼ばれています。
入居した人々とその家族、そして地域の人々が集う場所となるように、福井の方言で「みんな」を表す「うらら」というネーミングに想いを込めて開設された「うららの家」。

我々も、今後もみんなに愛される施設であることを願い、末永く建物を通してお役に立っていきたいと思っています。

uraranoie-shunkou